赤ちゃんにしてあげたい「日焼け対策」とは?

赤ちゃんの頃から紫外線から守ってあげるため、
日焼け対策はとても大切です。

赤ちゃんの日焼け対策に日頃からどのように
対策していけばよいのでしょうか。

赤ちゃんの日焼け対策の仕方を調べました♪

赤ちゃんにおすすめの日焼け対策グッズ

赤ちゃんの肌は薄く、とてもデリケートなので
大人以上に紫外線から守ってあげる必要があります。

赤ちゃんの日焼け対策に便利なグッズを紹介します◎

赤ちゃん用日焼け止め

最近では赤ちゃん用の日焼け止めもたくさんあります。

強いSPFやPAは赤ちゃんのお肌に負担がかかるので、
SPF15~20PA++くらいのものがおすすめです。

日焼け止めを選ぶときは成分にも注目してください。
天然成分を使用している日焼け止めを選びましょう。

つばのついた帽子

つばの大きい帽子で紫外線量が大幅にカットできる
と言われています。

襟足に日よけが付いているものや、UV加工の帽子、
清潔に保てるように洗えるものがオススメです。

帽子だけでは紫外線は防ぎきれないので、
日焼け止めと合わせて帽子をかぶると効果的です。

日よけのついたベビーカー

ベビーカーには必ず日よけの付いているものを
選ぶようにしましょう。

座っている赤ちゃん全体をカバーできるタイプの
ベビーカーがおすすめです。

ベビーカーからはみ出す足の部分には、
タオルや日焼け止めで日焼け対策しましょう。

チャイルドシート側の車窓にはカーテン

車で移動中は窓に当たる陽射しから赤ちゃんを
守ってあげる為にカーテンやUVカットフィルムや

窓用UVカットスプレーなどがオススメです◎

ベビー用サングラス

日焼けは肌ばかりではなく、目もダメージを受けます。

0歳の赤ちゃんでも使用できる、水中眼鏡のように
ストラップ式になっているものが便利です。

薄手のパーカーや長ズボン

薄手のパーカーや長ズボンを着用して、
肌に直射日光が当たるのを少しでも防ぎましょう。

UVカット加工のパーカーやUVポンチョなどの
羽織りもので調整するのがおすすめですよ♪

他にも、抱っこの時は日傘を使用して日よけしたり
お部屋のベビーベッドは窓際を避けるなどお家でも

赤ちゃんの紫外線対策をしてあげましょう。

おでかけは日焼け止めを使った方がいい?

赤ちゃんとお出かけするときは帽子や長袖衣類と
合わせて日焼け止めを使うと効果的です。

お出かけする時間も、10時から14時の日差しの強い
時間帯は避けるなどの工夫をしましょう。

赤ちゃんとのお散歩は早朝や夕方にして、
紫外線量が多い時間帯の出かけは日焼け止めを塗り

しっかり日焼け対策をしてあげましょう。

そして、日焼け止めは赤ちゃん用の優しい成分のものを選んであげましょう。

【おすすめの赤ちゃん用日焼け止めはこちら】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする